ユーザーとサーバーの設定


別名言語と別名をユーザー ID に追加する
ユーザー名の別名機能を使用すれば、1 人のユーザーに 2 つの名前、基本名および別名を割り当てることができます。 基本名はインターナショナルに認識可能で、別名はユーザー自身の母国語で認識可能です。認証者 ID を再認証して、別言語と別名を認証者 ID に追加してからでないと、別名をユーザーに追加することはできません。別名はサーバーに追加できません。

別名を使用すると、ユーザーは表示と名前の参照に自分の母国の言語とキャラクタセットを使用できるので便利です。たとえば、ユーザーはメールの送信時に自分の母国の言語とキャラクタセットで名前を入力したり、データベース内のすべての文書を母国の言語とキャラクタセットで表示したりできます。

個々の別名は、その名前の母国語を識別する言語指定子と関連付けられています。通常、別名は、指定されている言語と一致したキャラクタセットで指定されます。それに対して、基本名はインターナショナルに認識可能なキャラクタセットで指定されます。別名も基本名も、Domino システム内では同じセキュリティを提供します。ユーザー名の別名は、ACL、グループ文書およびサーバー文書で使用してはいけません。

1 人の組織認証者に複数 (Notes が認識する言語指定子の数と同数) の別名を追加できます。組織単位認証者にも、複数の別名を含めることができますが、個々の別名が、その親認証者に割り当てられている言語指定子のうちのどれかと対応している必要があります。組織単位認証者は、親に含まれている言語指定子をすべて含んでいる必要はありません。たとえば、/Acme は 5 つの言語指定子を含むことができ、その子の認証者 Sales/Acme には、それらのサブセットが含まれています。

ユーザー ID は、別名を 1 つしか含むことができません。別名と関連付けられている言語指定子は、親認証者 ID の言語指定子と対応していなければなりません。別名をユーザーに割り当てると、ユーザー ID、ユーザーに発行された Notes 証明書、ユーザーのユーザー文書に、別名と言語指定子が追加されます。

メモ 別名を割り当てる場合は、79 文字を超えてはなりません。別名が変更されると、79 文字目で自動的に切り捨てられます。別名を 79 文字に制限することによって、名前が切り捨てられないようにします。これは、名前が 79 文字の限度を超えないからです。

ユーザーの別名を認証者 ID に追加するにはこの手順では、認証プロセスで組織認証者 ID とその組織単位 (子) の認証者に、ユーザー名の別名とその関連言語を割り当てます。 まず、組織認証者を再認証し、その認証者を使用してその組織単位の認証者を再認証します。
1 Lotus Domino サーバーベースの認証機関 (CA) を使用していない場合は、別名を追加する認証者 ID にアクセスできるようにします。

2 Domino Administrator で、[設定] タブをクリックします。

3 ツールペインで [認証] を選択し、[ID の認証] をクリックします。

4 登録サーバーでないサーバー名が表示された場合、[サーバー] をクリックし、使用するサーバーを選択し、[OK] をクリックします。

5 次のどちらかの操作を行います。

6 再認証する ID を選択し、パスワードを入力し、[OK] をクリックします。別名言語と別名を組織 (ルート) 認証者に追加するには、前の手順で選択したのと同じ ID を選択します。

7 [追加] をクリックします。

8 [言語] フィールドの別名言語を選択します。組織単位認証者を再認証する場合は、使用可能な言語に、組織 (ルート) 認証者 ID と関連付けられているすべての言語が含まれます。

9 (省略可能) 組織の国別コードを入力します。このオプションは、組織認証者 ID にのみ有効です。

10 [組織名] フィールドに、組織/組織単位の名前を入力します。

11 [OK] をクリックします。

12 (省略可能) 他の別名言語を追加するには、[追加] ボタンをクリックして、手順 7 から 11 を繰り返します。

13 [認証] をクリックします。

ユーザーの別名を既存のユーザー ID に追加するにはLotus Domino のサーバーベースの認証機関 (CA) または認証者 ID を使用して、ユーザーを再認証します。
1 認証者に、使用する言語指定子を持つ別名が含まれていることを確認します。

2 Domino Administrator で、[ユーザーとグループ] タブをクリックします。

3 サーバーペインで、動作元のサーバーを選択します。

4 [設定] タブをクリックします。

5 [ツール] - [認証] - [認証] を選択します。

6 Lotus Domino サーバーベースの認証機関 (CA) を使用していない場合は、別名の割り当て先のユーザー ID を認証した認証者 ID を選択し、パスワードを入力します。[OK] をクリックします。

7 別名の割り当て先のユーザー ID を選択し、パスワードを入力します。[OK] をクリックします。

8 [追加] をクリックします。リストから言語を選択し、その言語の新しい共通名を入力して、[OK] をクリックします。

9 (省略可能) 新しい認証者の有効期限とパスワードクオリティを指定します。

10 [認証] をクリックします。

11 別のユーザーを認証するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されたら、状況に応じて [はい] または [いいえ] をクリックします。

新規ユーザーの登録時に別名を追加するには新規ユーザーに別名を追加する前に、使用したい別名と別名言語の指定子が含まれた認証者があることを確認します。 詳細ユーザー登録中に、[登録] ダイアログボックスの [その他] ペインで名前と言語を割り当てます。
詳細ユーザー登録について詳しくは、「詳細 Notes ユーザー登録を使用する」を参照してください。

関連項目